東大個別指導塾の相談

いくら東大生でも、指導に問題があるとか、生徒との相性がどうも悪いといったことでなかなか思ったように成績を伸ばせないケースも出てくるかもしれません。そのような場合、講師を変えてほしいといっても直接言うのはなかなかはばかられるでしょう。東大個別指導塾ドクターでは、専任受験アドバイザーというスタッフをつけます。専任受験アドバイザーは生徒と学生の架け橋的な役割を担います。

具体的には生徒の学習に対する責任を負いますし、親御さんに対しては講師をつけるにあたっての説明責任を負います。その他にも授業内容に関する報告を受け、生徒の学習の進捗状況がどのようになっているかも情報を共有してくれます。もしも学習に当たって困ったことや悩み事があれば、アドバイザーに相談することも可能です。

アドバイザーは、東大生にプロの指導者として自覚を持ってもらうような研修も行っています。「学生だから成果が出なくても仕方がない」という考え方はお客さんからお金をいただく以上持たせないというプロ意識の徹底をしています。このためプロの自覚を持った家庭教師が指導してくれるため、東大個別指導塾ドクターは中学受験を控えた子供の間で高い人気があるわけです。