東大個別指導塾と教育

東大生といっても、すべてがすべて教えるのが上手とは限りません。「名選手、名コーチに非ず」という言葉を耳にしたことはありませんか?そもそも人を指導する教える力は、経験を積むことで徐々に向上していきます。いかに問題を解く力が東大生にあったとしても、その解き方を人に教えることに長けているわけではありません。

そこで東大生が講師をしている個別指導塾だからと言って、すべてが納得できるような授業が受けられると思わないことです。個別指導塾の中には、講師に対する教育システムがきちんと機能しているところも見られます。実際に生徒を指導する前に、多くの生徒の指導経験のあるプロ講師から指導方法の研修を行っている塾も見られます。経験豊富なプロから指導方法のノウハウを教えられれば、人に教える基本的な方法をマスターできます。

また個別指導塾の中には、勉強会を実施しているケースもあります。これは講師である東大生同士がディベートをして、よりよい指導方法はないか、お互いの指導の仕方を検証し合って、改善すべきところはないかなどの意見を出し合う場です。このように他の人から指摘を受けることで、さらに技術が進化する可能性も期待できます。このような質の高い指導するサポートの整っている塾を探すことです。