東大個別指導塾と要領

受験勉強に合格するためには、1日10時間以上机に向き合って、やりたいことのすべてを我慢して学習にささげる必要はありません。むしろこのような勉強方法を続けていると、勉強をすることが苦痛以外の何物でもなく、いかにして勉強を回避するかに知恵を絞るようになってしまいます。精神的な負担を浴びせ続けて勉強させることは、マイナスになることはあってもプラスにはなりえません。

東大生は長時間勉強したから合格できたのではなく、理解するためのコツをマスターしていたから受験突破できたケースが多いです。東大生の指導する個別指導塾では、この勉強の容量をマスターさせるための指導を実施しています。どのような勉強方法を採れば、より効率的に学習成果をあげられるかを教えてくれます。初めて習うことは最初の内は理解できないでしょうし、使いこなせるようになるまでにはさらに時間を要するでしょう。しかし早く内容をマスターできるコツさえつかんでおけば、勉強に長時間苦しめられる必要はないわけです。

東大生の中には、部活や学校行事、遊びもしながら合格している人もたくさんいます。限られた中で学力を伸ばす習慣を個別指導塾では教えてくれます。この習慣を見つけられれば、大きな成果を上げることもどの生徒でも可能です。